求人を行っている千葉の会社としてどの様に型枠解体の仕事をしているかをご紹介します

ロゴ
Gallery
フォトギャラリー

実際の型枠解体現場での写真付きで分かりやすい作業風景

マンションなどの丈夫さが求められる建築物において使用されているコンクリートがどのように形づくられているかご存じですか。まずは木製の板や鉄パイプを用いて作成したいコンクリートを流し入れる型枠を作り、そこに入れた液体状のコンクリートが固まることで見慣れた壁や天井の形が出来上がります。

これらのコンクリートを形づくる型枠を安全で的確な手順で取り壊していくことを専門にしている仕事が、型枠解体の工事です。言葉だけでは分かりにくい解体作業の手順や今までに行った施工例などを写真でご紹介しています。

現代の日本において、ご年配の方やそのご家族の役に立つ高齢者向けデイケアサービスなどの福祉施設や、子どもたちの健やかな成長と発達のために教育を行う学校などの教育監護施設、快適な暮らしを支えるマンションなど、さまざまな建設物のほとんどが鉄筋コンクリートでできていると言われています。鉄筋コンクリートでできた建築物が増加してきた歴史的背景としては、1923年に起きた関東大震災が大きな役割を果たしており、その際に大きな揺れによる建築物の倒壊や、台所などからおきた火災の広まりの影響が少なかった鉄筋コンクリート製の建築物の優秀性が認められるようになりました。

この鉄筋コンクリートの建築物を建てる際には、鉄筋の骨組みをコーティングして天井や壁を作り上げるコンクリートを適切な形に固める必要性があります。そのためにまずは木製のベニヤ板やパネル、金属でできたパイプなどを使って型枠を作り、そこにコンクリートを流し込みます。しかし、コンクリートが固まった後にそれらの型枠を外さなければ建築物として機能させられませんので、型枠の解体を迅速で的確に行っていく専門の仕事が誕生しました。株式会社H&Sグループでは、この型枠解体を行う仕事の流れを写真付きで解説しています。

Recruit

募集要項

アイコン

アイコン エントリー

090-5764-0620
8:00 〜 20:00